私どもによくいただく質問です。
下記以外の質問がある場合は、お手数ですがこちらからお問い合わせください。

A.よろこんでお受けいたします。

A.素材サンプルをご用意しております。
また、弊社は3DCADでデザインしますので製作前にイメージをお見せ致します。

A.基本的には多少ムリに扱った場合でも壊れない強度で制作いたします。
(もともと弊社は業務用の部品設計をメインでやっていますのでご心配なさらないで下さい。)

A.素材サンプルをご用意しております。
また、弊社は3DCADでデザインしますので製作前にイメージをお見せ致します。

A.よろこんでお受けいたします。

A.ございます。お気軽に見学にいらして下さい。

A.用途やご予算に合わせて金属やプラスチックなど適した素材を選定します。
また、強度は形状でも補えますので複合的に考えご提案をいたします。

Load More

ブログ

  • “Manufacturing” x “Dream”
    Did you know that “dreams” can be sold? In other words, there are very few things that can be sold without a dream attached to them other than food. The price is high with the “dream” that the food is delicious. In order to add “dreams” to both products and services, I think that the person who makes and the person who sells should be people who have a “dream”. So let’s dream even if it’s small or painful. I think it’s okay to dream that you want money. I think it’s good to earn a lot of money whether you’re a Japanese or an ordinary person. And this year, let’s liven up the manufacturing industry with a dream. Let’s see the “dream” of people other than the manufacturing industry.
  • 「製造業」x「夢」
    「夢」は売れるということは分かっていただけたでしょうか? というか、食べ物以外だと夢がくっ付いてなくて売れるものなんてかなり少ないです。 食べ物だって美味しいという「夢」をくっ付けて高値にしています。 モノにしてもサービスにしても「夢」を付加するためには、 作る人、売る人が「夢」を見ている人間じゃないといけないと思います。 だったら小さくても苦しくても夢を見ましょう。 「お金が欲しい」って夢でもいいと思います。 日本人でも一般人でもお金を沢山稼いだって良いと思います。 と今年は夢をもって製造業を盛り上げていきましょう。 製造業以外に人も「夢」を見ていきましょう。
  • Introducing a new challenge in Toyokawa City
    Industry Love is a service conceived by an FA equipment design office called “NK-Design”. In most cases, FA equipment is manufactured as a single body like a custom-built house. The period from when the shape of the product to be mass-produced is decided to the actual production is relatively short, and the speed of the equipment industry is wonderful. In such an environment unique to FA equipment, we have wonderful technologies such as “we are good at manufacturing one product” and “the speed of delivery for parts manufacturing is 1 to 2 weeks”. Industry Lab began with the idea of ​​providing this wonderful technology to individuals and other industries.
Facebook
Instagram
Twitter
Line